このブログについて



「独断と偏見の車評価」改め「donkey boogie DOdo」について


元は「独断と偏見の車評価」というブログであり、車評価と名づけておきながら試乗記事よりも雑記のほうが多いという本末転倒なブログだったため(雑記を楽しみにして頂いていた読者様もいらっしゃいましたが)

「車評価」というタイトルを抜きたかったのでブログタイトルを変更しました。

コンセプトなども変更して、もっと読みやすくて、読者様の役に立つ様なブログへと変更しようと思い立ったのも要因ではあります。

雑記の内容も然りですが(2017年7月時点)での変更になりますので、順次記事内容に手は加えていきますが一部前回のブログの名残みたいなものが残っているかとは思いますが、すぐに修正しますので寛大な心で待っててください。

なんだかんだと記事も多くなってからの変更だから、作業量は多いんですけど、これもまたひとつの勉強として取り組みたいと思います。


「donkey boogie DOdo」というタイトルについて




タイトルだけでアーティストが分かった方は中々にファンですね。

ストレイテナーというバンドの曲です。

僕がストレイテナーと出会ったのは2010年 近畿大学の学園祭「生駒祭」にてゲストとして出演したライブを見た時からなんです。

「ストレイテナーって誰やねん!」

友人たちと(全員近大生じゃない)1時間前に並びながら僕は知らないバンドなんてみても楽しいか?なんて言ってたんです。

1時間20分後には一曲終わるごとに盛大に拍手してましたね。

鑑賞したライブは圧巻で、独特な世界観もすばらしくて、僕は一撃で虜になっちまったんです。

そんなかっこいいバンド。アーティストの楽曲の中で僕がブログタイトルにまで選んだのが「DONKEY BOOGIE DODO」という曲です。

2010年に発売されたシングルのカップリングソングなんですが、昔からタイトルソングよりもどちらかといえばカップリングに惹かれていた僕はすぐさまこの曲に飛びついちゃったんです。

でイントロから「グルーブ」を感じさせられて「ファンキー」。

ギターはやんちゃしてるし

ベースも遊んでいるのが印象的で、グルングルン。

と思いyoutubeで探したのが無い。。。
(youtubeにはこの前までPVがあったのだけれど・・・)


仕方ないので僕のお勧めを





ベースカバーを見つけました。



ドードーとはマダガスカルのモーリシャス島に17世紀まで生息していた絶滅鳥類。醜い飛べない鳥。人間の非業さが絶滅に追い込んだ「滅びてしまった存在」の代名詞とされる。

僕が一番好きな歌詞です

飛べないけど笑えるんだ、歌い踊ろう

僕は特別なことは出来ないかも知れないけど、笑うことくらいは出来るから。

歌って踊って喋って、時々お酒を飲んで居たい。

このブログのコンテンツ



以前の「独断と偏見の車評価」のコンテンツの種類は少なかった。

試乗記

雑記

おしゃれな音楽

みたいなざっくりした分別でたくさんの人と僕自身を混乱に陥らせた(試乗記と雑記が混ざっていたり、そもそもラベル付けがされていなかったり)

「donkey boogie DOdo」

に生まれ変わったからにはしっかりと僕が伝えたいこと、そして読者様が知りたいことを分析しました

試乗記

愛車について

車に関する雑学

音楽

車のグッズ

運転に関すること

大人の男の子が好きそうな奴

などです。

順次纏めていく事でみなさんに読みやすいブログを目指してまいります。

方針について



1 読みやすいブログであること

文字を崩したりネットスラングなどは極力使わず、わかりやすい文章(口語体控えます「やった」=「でした」など)

とりあえずのアフィリエイトリンクなどは消していきます。

ただ本当に良かったモノについてはシェアできればと思います。

文章に関してもリライトしていきます。

なんだかんだと1年近く続けてきたブログでなんだかんだと書き物をしているので過去の記事で拙い文章でしたので、今なら人様の目に触れても読んでいただけるような文章に書き換えることができると思いますので。

画像などに関しても極力自分自身が見て、そして撮影したものや美しいものをチョイスしていきます。

名残惜しい関西弁を極力減らして精進して参ります。

2 伝える僕が魅力的に成長していくこと

僕はまだまだガキです。

故に伸び白があると言えるでしょう。

そして、その為に今後の更新頻度然り内容、クオリティ。

車好きの青年が如何ほどの車や人と出会い成長していく成長録なのかもしれませんね。

今後、僕は色んな車に試乗し、購入し、売却し。

様々な経験をしていくでしょう。

そこで得た有益な物事をみなさんとシェアできたらと思います。

3 写真だけでは分からない事を発信すること

加工された画像や、ティザー公開された画像で得られるエクステリアの情報や、インテリアにしても同じで。写真や画像の質だけで言えば僕のブログは勝てないかもしれない。

ただ僕はネットを流しているだけでは得られない情報を積極的に提供できればとあ思います。

例えば、内装質感はやはり触れてみないと分からないし、どんな材質だ!って言われてもやはり触れたことがなければ想像もつかない。

座り心地にしてもそう、僕はそういったことを伝えていきたいと思います。

あとはやはり車の中で聞く音楽だったり、車内でおすすめの芳香剤(僕は無くなったら違う芳香剤へ変えていく)だったりはさすがに伝えるのが厳しい場合も果敢に挑戦してみます。

4 車と人を繋げられるようなブログとすること

車離れが世間で謡われ始めてずいぶん時間が経ってしまいました。

確かに交通インフラは整っているし、生活圏が狭くても成立するのなら僕は「車の無い生活」というのも良いのかなあと思っているのですが、僕はそこに当てはまらず、エクステリアの美しい車には見惚れるし、先進技術が盛り込まれていれば試してみたくもなります。

僕の周りの友人でも車を持っていない家庭があったり、車を複数所有していたり様々ですが、すくなくともこのブログの管理人はたくさんの車に乗ってみたいし所有してみたい。

そんな思いを抱きながら車と接しています。

これから僕ら平成生まれの人たちは余計に車へ割けるお金というのは比率的にどうしても低くなってしまう。

どうすれば車が好きな人が増えてくれるのだろうか?と考えたんです。

まず、もはや必要性(NEEDS)を追わずに、所有欲つまり欲しい(WANTS)を追うべきではないのかな?と思うんですね。

メーカーさんが魅力的なものを作りました!

じゃあ売れるのか?欲しいと思うものなのか?

ってところで気軽に僕のブログなんかを覗いてもらって欲しい人と売りたい人の架け橋になれればと思うわけです。

欲しくならないならすこしお試しなんかもアリだと思うんです。

だって少なくは無い金額の買い物ですから、十分に試して調べて、納得してそれから購入すればいい。

若者の車離れは僕みたいな若者が考えてみれば案外解決するかもしれない。

今やチョンマゲを結う人はいませんよね?

昔は常識だったことが廃れていくこともある、ただ僕は車はそうであってはならないと強く思います。


5 「男の子が趣味でガレージを弄る」そんなイメージでブログ作りをすること。

いや、実際にガレージ改造計画はあるんですけどね。

男の子が自分の好きな趣味が詰まった宝箱みたいなブログを作成しようと思っています。

遊び心がある、そして好きなものに囲まれる自分や同じ趣味の人が集まる空間にさせていただきたいと思っています。

この世の中には良い物、魂の篭ったものが多くてその良い物、自分の好きなものに触れていたい、新しい技術などにも精通したい。

僕は欲張りな人間です、そして自分に素直でありたいと考えています。

お米には自分の手元に届くまでに百人の労力がかかっていると日本では言われています。

そして日々作られる製品にも同じことが言えるとも思い、良い所を積極的に探して発信していきたいと考えています

SNSについて



facebookページ

ここは主に写真や投稿内容なんかを随時更新していくページです。
おそらく一番初めに更新されるものになっていくと思います。

ツイッター

つまらないこと、つまること。ブログの更新などが内容となっていくと思います。

インスタグラム

よくわからないけど始めてみました。

写真あげてりゃいいんでしょ?のテンションですがとりあえず自分の写真の技術向上のために様々な写真を参考にしていきたいと思います。


管理人について



愛車は「ノア ハイブリッド」という車に乗っています。

この車を買って早3年近くになります。

愛車遍歴というか、所有ではないけど運転していた、または乗っていた車には

メルセデスベンツS500(W220)に幼い頃から乗っていました。

そんな小さな頃からえらく上等な車に乗っていましたから

「車ってこれくらい静か、揺れもない」

なんて思って過ごしていたわけですが、当然そんな順調に人生が進むはずも無く。盛者必衰ですね。人生何が起こるかわからないから楽しいんですね。



「なんやこの車は!?」

と、自分で購入したノアもそうですし、他にも乗せてもらった車にしてもそう。

やはり「良い物」は良い。

そんな良い物に触れていたいと思うようになったのがこのブログを始めたきっかけになります。

僕は様々な車へと試乗して参りますが、指を咥えてみていて欲しい訳ではありません。

どちらかと言えば、「あのメーカーのあの車種ってこんな装備があること考えたら全然安いやん!」とかの発見に役立てていただければ幸いと思っております。




連絡先はdbd.carlife.enjoy//gmail.com

//を@に変えてご連絡ください






0 件のコメント :

コメントを投稿