[試乗記]フルモデルチャンジしたCX-5 Lパッケージへ試乗したで


[試乗記]フルモデルチャンジしたCX-5 Lパッケージへ試乗したで


どうもフジモリ@CHIKOKUMAN0301です。
今回は


「フルモデルチャンジ後のCX-5」


に試乗してきました



ディーラーへの試乗予約電話

今回は義父がマツダで保険料の見直しと試乗をやたらと薦められるから僕といけば楽しむやろうと気を使ってくれた用で便乗して試乗し倒してやろうと腹決めて(半年以上試乗できてなかったためw)

全力でいきましたね。

試乗前の車への独断と偏見のイメージ

マイナーチェンジ前のCX-5は何度か運転はしていたのですが、それでもかなり衝撃やったことを覚えています。

SUVっていうジャンルに全く興味無く「車の至上はセダン」と決め付けてたんですが、ところがどっこい視点の高さやどっしりと構えたボディ。剛性感とか安心感とかが堪りませんでしたね。

そしてディーゼルのパワーでグイグイ進ませる胆力。

そこから見識を広げていけたのでCX-5はかなり感慨深い車なのです。

だからこそ、ブラッシュアップされたマツダの主力はいかほどのものかをお伝えしていきたいと思います。

では、試乗記へ移ります。





外装








フロントフェイスについて

気付かれない人は少ないと思うんですけどヘッドライトの大きな変更点ですね。

CX-5の画像

以前も十分にかっこいいんですが、今回は精悍な顔立ち。

マツダの統一されつつあるフロントフェイスに一石を投じた状態ですね。

こっちがCX-3




比較すると分かるんですが、ヘッドライトを寝かせたことで甘い顔から昭和の俳優みたいな顔になりましたね。


タイヤ

今回試乗させて頂いたLパッケージには画像の通り大きめの19インチのタイヤです。

SUV=タイヤで魅せる みたいな風潮あるじゃないですか?



めっちゃかっこよくないですか?

このホイールもLパケには標準です。

やっぱSUVは大きなホイール、大きなタイヤ履かせてなんぼですね!


リアデザインについて

リアの写真撮り忘れたああああああああああああああああああああああああああ

ごめんなさい

CX-5の後姿の画像

ごめんなさい、マツダさんのHPで確認してくださいw




外装まとめ

こんなことを言うと笑われるかもしれませんが、ベンツのMクラスと見比べてどっちがほしいか?と聞かれれば僕は迷わずこっちをチョイスします。

塗装に関しても上等な技術使ってますし、造形も美しい。

車という工業品を美術品へと昇華させる意気込みを感じました。




内装
前席について





内装のクオリティに関してはアテンザと肩を並べています。

同社のフラッグシップクラスの内装を備えた(Lパケ)車です。

内装のレベルが一緒なので好みの問題になってきます。

セダンかワゴンかSUVか。

最近のSUV人気は目を見張るものがありますからリセールなんか考えても十分良いですよ。

フルモデルチャンジ前のCX-5でも中古の値段落ちが全然無いのも魅力ですね


ハンドルの握り




やっぱ革のハンドルええわあってことで、ステアリングヒーターもついてます。
やっぱね、良い車には付くんですよ、ステアリングヒーター。

内装デザイン


手を触れる箇所にはすべてソフトパッドを仕様しています。

こりゃ他社のSUVでも中々出来ない(ハリヤーはそこそこのものと聞いています)と思います。

装飾品


送風口なんかはギドニーグリル調になってますが、僕は高級感漂ってて好きです。


シフトブーツなんかも凝ってるし、ピアノブラックの装飾です。

そして、注目の機能がブレーキホールド

これあるだけでかなりの疲労を軽減できるものです。メルセデスやBMWなどにも当然付いている機能ですが、ことマツダのこの価格帯の車についているとなるとアドバンテージはかなり大きいものと思われます。


音響


LパケにはBOSEのサウンドシステムが装着されていますが、これを試してみたらほんとすごいもんですね。

僕の車やと音量大きくすると音が割れてシャリシャリなるのに対して、BOSEはどれだけ音を大きくしても割れない!!

何より音の質が非常に良い!

このサウンドをドライブで楽しめるなあらこりゃ買ってもええわ


シートのセッティング

本当に久々の試乗だったため確認できなてないんですけど、ランバーサポートを調整せずに運転しても腰の痛みなどは無く快適でしたね。

そしてLパケですから革シート、しかもパワーシートとシートヒーターが付いていますから、快適この上ない仕様になってます。
この辺はBMWよりシートを快適に感じたのはやはり久々の試乗やったからか?


ペダル類

写真忘れました。。。
シルバーの装飾をされたオルガンペダルでした。

なんやろんねw、何でもかんでもオルガンペダルを押すわけじゃないけど、運転して楽しいと感じるのは大抵はオルガンペダルなんですよね。



後部座席について






文句のつけようがない仕様です。何がってこのLパケやと後部座席にもシートヒーターが付くんです!!

この機能が追加されて、しかも、シートも角度の調整(微々たるものですが)できるようになっているので、長距離でも疲れることの無い後部座席になってました。正直CLAとかじゃ歯が立ちません(仕様上仕方ないんですけどねw)

エアコンの噴出し口

メッキの加工もされて質感低くは感じませんでしたね、やはり比較する車が必要やなあ。次はハリアーあたりの試乗にでも行きます。

シートのすわり心地

やっぱり大きさも相まって、大人が四人乗車しても十二分に広く、そして快適すぎる空間でしたね。


ドアのパネル質感



油断なく、きっちりとソフトパッド仕様。



内装まとめ

これはあんまりほかのブログでは書かれていないことなんですが、このCX-5ってレクサスと同じくらい窓の閉まり方静かなんですよ。

上品な閉まり方です。

もし試乗とか行かれた方はこんなところにも注意されてみてはいかかですかね?

安全性

ここに来て、まさかの全車速追従の機能を追加したマツダ。

しかもスバルのアイサイトを超える技術として日本車としては一番安全性の高い車になったそうです。

ソフト面での安全性(アイサイト系)について

前述してしまいましたが、この機能は現在(2017.04月)時点で日本で一番安全なシステムです。

時速40キロで巡航中に横から人が飛び出しても止まれるらしいです。
だから日本一の安全性をもった車なんだそうです

でも、なんだかこの辺はどんぐりの背比べな感じするんですよね。

ソフトに全幅の信頼を置いてしまうと人間の判断がゆるくなっていきそうで、、、

やはり、人が操作しやすく疲労を軽減させる方に注力していくことが人間もメーカーも事故を極力減らす努力なんじゃないかなと思いますね。

あと、フロントガラスへ投影する「アクティブドライビングディスプレイ」
えらい長い名前ですが、これはやっぱり良くて車が今何キロで走ってるの?ってことをメーターを見ずに教えてくれる。

これがあるだけでも全然事故や違反を減らせますからね。すごく良い機能やと思います。

安全性まとめ

もうソフト面での安全性はそこまで他社と大きく変わることって無いと思います。

全車速追従も試しましたが、全然BMWやメルセデスと遜色ないですから、もはや比べるまでも無いのかもねw


運転のしやすさ

全幅1800を超えるSUVですが、どうですかね?詳しくみていきましょう
ここはかなり注目される方が多いところなので

ボディサイズについて

4545×1840×1690

全幅だけが大きく感じる程度で他至って普通の車ですね。

数値からみた取り回し

これがね、全然見切りいいんですよ。

車線変更するときも左の見切りは確保されてるし、アラートが付いてますから(油断大敵)しっかり視認できますね。

視界の広さも良いですね。僕のノアと同じくらい広いです。



車内から感じたこと

大きさを感じない、感じさせないという点はやはりマイナーチェンジ前と変わらず上手。


運転のしやすさまとめ

義父と言ったんですが、この大きさやと女性にはしんどいかな?って意見でしたね。

ただこの車から女の人が降りてきたら惚れますww




楽しさ&乗り心地

さて、本当はここからが書きたかったこと!!

こっから気合が入ってますから!!


ハンドリングについて

ディーラーから出てすぐに気付いたことがあります。

ハンドルの握りやすさもあるんでしょうが、しっとりしてるんですよ。

なんやろうね、すごいレスポンスが良いとかじゃないし、悪いこともないんですが、しっとり。

この感覚で一番似ているのがCクラスのコンフォートの感じなんですよ。

「ごっつ大人やわあ」って感じでしたね

加速感について

やはりディーゼル、信号グランプリ(一人)では、すんごいトルクであっという間に100キr・・・・60キロでしたね

これね、よく議論されるんですけど、「加速感」と「加速力」を同義で考えてるからそんなこといっちゃうんでしょうけど、感じるのと数値としての速度は決して=(イコール)にはなりませんからねwww

はやく感じるならそれはそれでいいじゃない?


遮音性について

これが一番びっくりしたんですが、めちゃくちゃ静かなんです。
踏んだらそれなりに音は聞こえます、それでmハイブリッドの車のエンジン起動中より遥かに静かです。
これには本当に驚きましたね。

人を乗せて不愉快にならないか

後ろで義父は「快適やあ、今何キロや?」

「x0キロです」

「気つけやあ」

ってなくらいには快適やった模様



楽しさ&乗り心地まとめ


乗り心地や、遮音性、ハンドリングに加速感

何をとってもすばらしい車でしたね。

義父「嫁と一回来て話し合うけど、もし無理やったら次これ一緒に買わへん?」

遅刻「いやあ、うちの嫁ってか、あなたの娘さんに殴られますよ『わたしが運転できひん車買わんとって』って」

「「ええ車はええなあ」」

ってなりましたからねw

もうね、本当にすばらしい車でした。


総評


この車の魅力について

デザイン、内装、乗り心地、安全性、価格(値引きしたりで・・・・)

すばらしい車ですね。

価格的魅力

Lパケで、なんですけど

ディーラーマン「全部ひっくるめて360万にしますけど、どうっすか?」

義父「がんばれ!」

ディーラーマン「340万っすね」

義父「ふぅ、一緒に買うか?」

遅刻男「ボコボコなりますよ?」

所有する魅力

これは欲しいですね。

もしかしたらSUV至上一番欲しいかもしれませんw

競合車との差別化について

このサイズでの競合ってMクラス?
X3とか?

費用対効果で考えても十分勝てるでしょw

改良すべき点について

一切の妥協を感じなかったためこの項目は全然意味をなしませぬ

値引き情報

あ、さっき書いてしまったね。

ざっくり40万くらいの値引きはしてくれましたよ


買いか?

買いです。僕がノア乗って無かったら即決で買ってます。

でもアテンザにしてるかもw

試乗させていただいたディーラーへのお礼


本当にありがとうございました!
もうちっと試乗させてもらいたかったですけどねww

0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: