「GTsports」自分がデザインした車を作ることができる、「リバリーエディター」でブログの宣伝カーを作ってみた。


「GTsports」ブログの宣伝カーを作ってみた。


僕が車に興味を持ち始めたアテンザを改造して宣伝カーにしてみました。

自分がデザインした車を作ることができる、「リバリーエディター」


という機能も備わっており、僕のようなブロガーやYOUTUBERでゲームや車などに特化した人なら打ってつけの宣伝ツールなども作成できます。
もちろん、有償コンテンツの素材なども今後出てくるでしょうが、既存の無償素材でも十分に楽しむこともできます。


また世界各地の名所で自分の作成した車の写真が取れる「スクープス」機能

日本のみならず世界各地の名所で愛車と写真撮影が行えるスクープス機能も見逃せません。


映像のクオリティが高く、各種SNSでは「実写と混ぜても分からない程」といわれており、クイズなども行われています。





本当に分かりませんでした、ちなみに僕のツイートはこんな感じ



実写と変わらぬ映像クオリティですね。自分で撮影し、眺めるだけでも遊べます。

世界各地じゃなく、車の接写などをしたい場合も「レースフォト」










レースを楽しむのも一興ですが、このようにレース後のリプレイから写真を撮影することも可能。

ウォーク機能というものがあり、レース中でも時間を止めて、その中を歩き、さまざまな角度から写真撮影ができるというもの。

疾走感を出す写真や、完全停車な一枚も撮影できます。




本編のダウンロードが開始されのが10月19日から発売されますが、早期予約得点で


マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ (Gr.1)
日産 GT-R ニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション Gr.B ラリーカー

が収録されます。




価格:12,895円
(2017/10/11 17:42時点)
感想(0件)


価格:6,110円
(2017/10/11 17:43時点)
感想(4件)














0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: