やっぱ今でも有効!車デートが好きな人「7割以上!」 乗りたい車はやはりアレ!




やっぱ今でも有効!車デートが好きな人「7割以上!」 助手席に座りたい車はやはり、あの車種!


パーク24株式会社は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した、「クルマでのデート」についてのアンケート結果を発表した。
■クルマデートが「好き」は7割以上 20代以下が最も多い

クルマでのデートが「好き」と回答した人は73%で、年代別でみると20代以下が83%と最も高く、以降年代が上がるにつれて「好き」の割合は低くなり、若い年代ほどクルマデートを好む傾向にあるということがわかった。
クルマデートが好きな理由として、「2人きりになれるから」が24%で最多。次いで「楽しいから」16%、「自由に行動できるから」11%となった。これ以降を見ても、「個室として活用できる点」と「便利な移動手段である点」という、クルマならではの特徴を踏まえた理由が上位を占める結果となった。
その他の理由としては、「クルマが好きだから」、「電車が苦手だから」、「ドライブデートをすると相手の性格がわかるから」などといった回答があった。
■デートで助手席に乗りたいのは「スポーツカー」がトップ 
デートで助手席に乗りたい車種は、上位から「スポーツカー」30%、「SUV」24%、「セダン」21%だった。年代別におけるトップは、20代以下「スポーツカー」、30代「SUV」、40代・50代「スポーツカー」、60代以上「スポーツカー/セダン」だった。
レンタカーやカーシェアリングでデートすることについては、「特に問題ない」という回答が45%で最多となった一方、「あまりこだわらないが出来ればマイカーが良い」と「マイカー以外は嫌だ」を合わせると過半となり、マイカーデートを好む人が多いことがわかった。 
■7割以上が「デートで運転してみたい車種がある」 
デートで運転したい車種については、「特にない」という回答は24%で、7割以上が運転したい車種があることがわかった。
デートで運転したい車種としては、「スポーツカー」が24%でトップ、次いで「SUV」23%、「セダン」18%だった。年代別でみると、20代以下は「コンパクトカー」、30代は「SUV」、40代・50代は「スポーツカー」、60代以上は「スポーツカー/セダン」がトップとなり、年代によってデートで運転したいクルマに違いが見られた。
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20171208-10279113-carview/?mode=fullーcarview参照

やはりデートでは「スポーツカー」がトップ。

今回のアンケートは「デート」が目的ですのでここで「ミニバン」と答える下心がありすぎる男性がいなかったことに安堵しますが、20代以下、20代も含め所謂「車離れ世代」とされている昨今、ここにきてやはり再認識させられたのは「車はあるに越したことはない」ということ。




やっぱりデートは2ドアが優勢。だが現実的には

ロマンとしての2ドアクーペは男女問わず「憧れ」の様ですが、現実的にはチョイスできて「セダン」もしくは「SUV」となりますよね。
クーペスタイルであっても「4ドア」のジャンルも最近は活発になっており、この当たりはかなりいいんじゃないか?と思うんですね。
ただし、若者が手を出すにはやや高い敷居だと認識されている様ですが、支払いプランなどをディーラーで相談すれば「なんとか維持できないことも無い」くらいの金額に収まることもあるので、ここは一度試乗し見積もりを頂くことも重要かなと思います。

[試乗記]メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク180スポーツに試乗したで 外装と内装偏



やっぱり運転してみたい「スポーツカー」

「贅沢」だという認識のある「スポーツカー」「スーパーカー」
それでもやっぱり運転したいという人は多く「20代以下」「40~60代」の方からの得票も多い様です。このアンケート結果のみならず、例えば大阪、難波でフェラーリが道を走っていると結構誰でも目が留まったりするのを見かけますが(僕も見てる)やはり、「スポーツカー」「スーパーカー」には言葉通り「釘付け」にされるほど魅力を感じる人が多く、潜在的に「運転してみたい」と思うんでしょうね。






0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: