生まれて初めてのナナガン。そして、最初で最後のナナガン。




生まれて初めてのナナガン。そして、最初で最後のナナガン。


仕事が早くに終わり体が空いたので「天保山第七岸壁」(通称ナナガン)へ

最近活用している各種SNSなどではヤンチャ仕様な車から上品なカスタムをしている車、ノーマル車種。

それぞれどのような車種であっても愛着を持って撮影されてるんやなぁと思い眺めていました。

最近になり「ナナガンが立入禁止に」という師匠ことJUN氏のブログにて発見。


マナー違反などによって12月8日から立入禁止になると記事を読んだのも手伝い、人生に一度、そして最初で最期であろうナナガンへ。


自宅から28キロほど走行し1時間ほどで到着。
天気は快晴でちょうど薄暮の頃合い。

ですが、トラックや撮影などをしなさそうな車種がずらりと並べられており、余程迷惑を被っていたのだろうと予想されます。

ゴミのポイ捨て、騒音などこの辺りを拠点とする運送業者の方々の怒りが見えたように思います。

撮影と言ってもちょろっと写真を何枚か撮った程度で片道一時間、撮影五分程度の滞在でしたがとても綺麗な場所で「そら、みんなここで撮影するわな」と思うと同時に「不特定多数の人間が集まるとどうしてマナーを守らなくなるのか?個人レベルで接すれば良い人ばかりなのに」と思わざるを得ませんでした。









初めてお邪魔させてもらいましたが、こんなロケーションの素晴らしい撮影スポットは中々見つかりそうに無く、仮に見つかったとしても「また」すぐに拡散され不特定多数の車好きが汚して行き、車好きのイメージがダウンしてしまうことを思うと、仮に見つけたとしても容易にアップできないなぁと考えてしまいます。

なお、ツイッターで「ナナガン」と検索すると「ありがとう」や「さようなら」など感傷に浸るつぶやきなどが散見されますが、所謂「オーディオ族」と呼ばれる人に関しては「思い出」と称して夜のナナガンを多人数で占領し爆音で音楽を流す動画を公開しており、マナー違反などを自覚無くしているのかと思うと封鎖されるべき場所だったのかな?とどこか煮え切らない気持ちになります。








0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: