軽自動車が「ダサい」とかより安全性で考えてみよう。



軽自動車が「ダサい」とかより安全性で考えてみよう。

「黄ナンバーはダサいから」
という理由で白ナンバーに変える方法がピックアップされていたりと最近話題になっている軽自動車。

軽自動車がダサいとは僕は全く思わないし、便利なシティユース車だと思う。

まず駐車場に困ることはないし、人は開放感ある室内空間を実現していて4人が楽に乗れるし、物だって驚くほど載る。

以前までは高速道路ではアクセルを踏みっぱなしにしていないとダメだったが今はクルーズコントロールを搭載する車種すらあるのだから便利で快適な車だと思うのです。

カスタムだってパーツは豊富で個人の趣味嗜好が存分に発揮できるし楽しめる。

僕個人的にはジムニーとか所有してみたいし、S600とかもかっこいいじゃない?

魅力あるカテゴリーだと思うわけですが、唯一僕が身内や友人から「軽自動車を買おうと思う」と相談された時にお話しするのが「万が一」の時。

軽自動車は確かに上記に示した通り利便性の高い車だと思うのですが、それでも事故が起きた時キャビンを守る術が無いのです。

僕が車に求める最も重要な事として「安全性」を最優先に考えます。

現在はトヨタのミニバン「ノア」に乗っていますが、後悔が残る部分としては「安全性」

僕のブログの検索流入の1番に「ミニバンを買って後悔する5つの理由」というのでもお話ししているが、最後列シートの安全性がかなり低いのだ。

こと最後列には子供やもしかしたら親が載るかも知れない、妻が乗るかもしれない。と考えるとどうにもフル乗車は避けたいというミニバン本来の扱い方を避けたいという傾向にある。

さて、話を軽自動車に戻そう。

軽自動車に限らず現在の傾向として燃費が良くなくては売れない。
そこで各メーカーが注力するのは「軽量化」だ。
それでも国が定める安全基準を満たす鉄などでフレームで強固に思えるが、事故は自分が気をつけていても「貰い事故」というものもある。

タイトル上部のぺしゃんこになった車は大人気のスズキ「ハスラー」だが後部座席を見てほしい。

ほとんど「無い」状態なのが見て取れると思う。




こちらもそうだが、もはや原型などは留めておらず、鉄クズとなっている。




こちらはフロントが無い。

軽自動車がダサいからダメと僕は思わない訳ですが、こういった事故を見るとどうしてもオススメが出来ないのが本音。

デザインの幅はやはりサイズの規格があるから自由度は普通車に比べれば低く、確かによく聞く「オーナーでないと区別がつかない」というのも一理ありますが、最も危惧すべきは安全性なのではないかと思うのですが、みなさんはどうなのだろうとふと考えるのです。

ダサいだとか人の車を批判したり、見下したりは本当に車が好きならするべきではないし、思ったとしても名指しで批判したりするのは例えその批判する人がロールスロイスを所有していても、そんな批判をする人を見る度に「品性はお金では買えない」という言葉の意味がよく分かるなあと考える次第です。

好きな車に乗ればいい、人が自分の価値観と違う車だってええやないか?何か迷惑でも掛けたのか?とSNSでの論争を眺めながら今回はこんな記事を書きました。





0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: