[試乗記]BMW X3 20d Mスポーツに試乗。この完成度は凄過ぎる件。


[試乗記]BMW X3 20d Mスポーツに試乗。この完成度は凄過ぎる件。

さて、X3の画像記事投稿から随分と時間がかかってしまったもののやっとこさの執筆です。

この車が2017年最後に試乗をしたモデルとなります。

そういえば2017年はほんと様々な試乗をさせてもらって、記事にできていない車種もありましたが本当に各社ディーラーさんには頭が上がりません。

BMWさんでは3シリーズ、4シリーズ、X1シリーズ X3シリーズと4モデルでグレードやパワートレーンなどのチョイスを変えたりして、結構な量を試乗させていただいたように思います。


グレード種類

X3 xDrive20i 6,240,000円
X3 xDrive20i xLine 6,520,000円
X3 xDrive20d 6,530,000円
X3 xDrive20i M Sport 6,730,000円
X3 xDrive20d xLine 6,760,000円
X3 xDrive28i 6,900,000円
X3 xDrive 20d M Sport 6,970,000円
X3 xDrive28i xline 7,130,000円
X3 xDrive28i M Sport 7,340,000円
X3 xDrive35i 7,880,000円
X3 xDrive35i xline 8,080,000円
X3 xDrive35i M Sport 8,280,000円

グレード、モデルの展開はこのようになっており12展開となります。

今回の試乗車はX3 xDrive 20d M Sport 6,970,000円です。

以前に試乗させてもらった320iはMスポーツでしたが320dや318iや420iではラグジュアリーかベースグレードばかりで今回Mスポーツを試乗してかなり惹き込まれました。

BMWを買うならMスポーツが人気というのも納得です。


車名X3
グレードMスポーツ
駆動方式4WD
トランスミッション8速AT
型式LDA-TX20-TX31/7LF
排気量2.0リッターディーゼル(ターボ)
最高出力140[190]/4000
最大トルク400[40.8]/1750
車両重量2,135kg
0-100加速8秒
競合車種Q5 GLC
車両本体価格710万円
試乗日2017年12月10日


X3は2017年10月19日のフルモデルチェンジで3代目となりましたが、細かなマイナーチェンジを繰り返し、フロントフェイス、ライトデザインについては現行の3シリーズなどに導入されるギドニーグリルと繋がったモデルもあったりしました。

今回のフルモデルチェンジによってかなり大きく変わったとされているのは(先代モデルを試乗したことがないので比較できかねますが)プラットフォームが5シリーズや7シリーズと共通プラットフォームとなっています。

先代は3シリーズからの派生モデルだったのに対し、まさにアップグレードされているのですね。

Q5でもカイエンや上位ブランドなどにも使用されるプラットフォームの共有を考えればかなりコスパの高いモデルです。

話を戻すとX3に使用されるプラットフォームは上位モデルとの共有とされており、乗り心地や遮音性などをトップクラスまで引き上げられています。







「BMW X3 20d Mスポーツ」乗り心地と走り心地

X1の試乗後にそのままX3への試乗させていただきました。

X3をぱっと見た感想では「相当でかい」

これまで試乗を繰り返していたモデルはまだ「コンパクトSUV」にカテゴライズされるものの、X3はさすがにコンパクトとは言えない立派なエクステリア。

近づいてきて気付くのがディーゼル音が先ほど試乗したX1はもちろん、CX-5よりも遥かに静かであるということ。

しかしながら、外でこの音量だから中が静か、とは決まっていないので乗り込む前にエクステリアを見て回ります。

まず目に付くのはサイドビューでアンダーにアクセントの強いプレスライン。

ここはアウディなども最近のモデルや国産車で言えばトヨタCH-Rなどもプレスラインを強調する向きがあるもののX3の場合はエアロダイナミクスなどもよく考えられておりcd値が同クラスのGLCで0.31、Q5で0.30を凌駕しているCd値は0.29となります。

そして、先代の画像などを検索したりしても大きくデザインの変更は感じないのですね。
もちろん要所要所、アップグレードされている部分もありますが、デザインの大きな変更は無いと言えます。
これはアウディのQ5にも言える事ですが現行と大きく剥離させずに中古車などの価格を高い価格帯で安定させることやブランディングにも有効だと言えそうですね。

さて、少し前置きが長くなりましたが、X3に乗り込んでいきます。

まず乗り込む際ですが、サイドシルが太すぎて乗り込み辛いなどは思わなかったものの、乗降性は一般的なコンパクトカーからの乗換えだと「よっこいしょ!」となりそうですね。僕は背が低く足も短い為余計に感じたのかもしれません。

座り込みまた驚いた部分として乗り込んだシートの質感がかなり高くMスポーツシートのホールド感はちょっと他メーカーには真似できないんじゃないか?と感じさせられるものに。

さて、ミラー類を調整しセンターエアコンの吹き出し口左側にあるエンジンスタートボタンを押し一度エンジン停止させますが、それまでの室内での振動や遮音はほぼ無し、これは誇張無しでガソリンモデルですらメルセデスのGLCやアウディQ5を凌駕しています。

もう一度エンジンスタートさせますが、始動に関しても振動、音については皆無です。

CX-5やアテンザ、メルセデスc220d、BMW320dも相当に静かだと思っていましたが確実に超えています。

さて、エンジンスタートし、電動サイドブレーキを解除しアクセルをゆっくり踏み込みますが非常にしっとりとタイヤが転がります。

ディーラーから車道への段差も揺れ等はレクサスNXでも勝ち目無く、GSにすら届くのではないか?と思えるほど。

車道へ出てからアクセルを先ほどよりしっかりと踏み込みますが、急な飛び出しは一切無くアクセルの操作に対してリニアに反応するという印象です。

エンジンブレーキはX1でも感じた強さでしっかりと効いてくる印象です。

視界についてですが、左折時に感じたのがAピラーが太くかなり視界に影響すること。
三角窓はありませんので少し見辛い部分だと感じました。

少し開けた道に出たので今度は加速を試そうと強く踏み込みますが、車内はフラットでとても静か。

遠くでエンジン音が聞こえてきますが、かなり静かな部類ですね。

ここでスポーツモードを試すと音やアクセル操作に対して鋭さを増します。

レーンチェンジを試しますが、背の高いSUV(BMWではSAV)は不安定と定説にありますが、根底からひっくり返す安定感でここにBMWを感じましたね。

挙動等に不愉快、不安要素は全く無いですしサイズを感じさせない車重もそこそこ重い車体をディーゼルの余裕のトルクと4WDでしっかりと推し進めていく印象です。

幹線道路での加速、減速、ハンドリングはさすがに「駆け抜ける喜び」を感じられるほどキビキビとはいきません。

どちらかと言うとかなりコンフォートといった感じですね。

ドライブセレクトはスポーツのままでディーラーまで戻り試乗終了です。


スポーティなイメージのBMWですが、どうにもメルセデスのような感じです。
ノイズ、ヴァイブレーション、ハーシュネスに関しては前述のようにもはや皆無といったところ。

ディーゼル特有の不愉快な振動や音についてはほぼありません。
これがガソリンモデルとなったらどうなるのだろう?と想像が膨らんできます。



「BMW X3 20d Mスポーツ」乗り心地と走り心地まとめ


スポーティなイメージのBMWですが、どうにもメルセデスのような感じです。
ノイズ、ヴァイブレーション、ハーシュネスに関しては前述のようにもはや皆無。
ディーゼル特有の不愉快な振動や音についてはほぼありません。
これがガソリンモデルとなったらどうなるのだろう?と想像が膨らんできます。

乗り心地についてもMスポーツのシートはホールド性が随一でステアリングを左右に揺さぶってもしっかりとホールドされている安心感は格別ですね。




試乗させてもらったディーラー

BMW城東鶴見 さんにて試乗させていただきました。

すぐに購入予定がなくても快く対応いただきました。

この場ではありますが、いつもありがとうございます。


今回登場した試乗済みの車種やSUV車













0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: