[画像]ジープ コンパスを見てきた、外装、内装の質感高いぞ!


[画像]ジープ コンパスを見てきた、外装、内装の質感高いぞ!

[試乗記]ジープ コンパスに試乗。ジープが目指す一つの方向性をこのコンパスが示すか

乗り心地や走り心地などについてはこちらを参照願います。

ジープにて2017年12月にフルモデルチェンジを受けた「コンパス」の外装、内装についてみていきます。



「ジープ コンパス」外装


ジープ フラッグシップ「グランドチェロキー」から受け継がれた流麗でダイナミックなフロントフェイスとボディラインが特徴的。
ジープのブランドイメージ「7スロットグリル」
シルバーメッキモールを施され、高級感があります。


この角度から見ると中々シャープな印象ですが、
[試乗記]フォルクスワーゲン ゴルフ7 GTIに試乗。230馬力は過激な模様
でも書いていますが、
フロントの角があまり無いことが分かるはずというのもフォルクスワーゲンのドイツ語を日本語訳すると「国民の車」という意味に。つまり、誰もが運転をし易く、ぶつけにくい車を提供する。という取り回しのし易い設計となっています。
と運転、取り回しもし易いです。



ちょっと今時ではないのですが、シグネチャーランプ(ポジションランプ)はLEDを使っていますが、ヘッドライトはバイキセノンランプになります。
グレードがハロゲンランプ、「SPORT」「LONGITUDE」に採用。
最上級グレード「LIMITED」がバイキセノンとなりますが、今時なら全部LEDにしてほしいなと思います。




グレードがリアの右後ろに装着。

この「LIMITED」グレードのみ4WDです。
「SPORT」「LONGITUDE」はFFとなり、6速ATです。


マフラーは片側二本出し


「LIMITED」は18インチホイールです。
ちょっと乗り心地については17インチでも良かったのかな?と思います


「ジープ コンパス」外装まとめ

全長×全幅×全高は4,400mm×1,810mm×1,640mmとサイズについてはここ最近の国産車とあまり変わらないので、乗り換えても不自由なく取り回し出来そうです。

デザインについても街中であまり見かけないですし、ジープで走っているのを見かけるのは「ラングラー」が多いですね。

近くで見ても遠くで見ても立派なエクステリアで、個人的には一般的にこの価格帯(400~550万円)ほどの車コンパクトSUVの中だったらトップクラスに入る見た目だなと思います
トップはレクサスNXです
[試乗記]レクサスNX300 Fsportsに試乗。反則レベルの装備と質感

ちなみに、ジープ大阪東さんで営業の方が乗られているのもラングラーあるあるのお話として。
ラングラーはアメリカのオハイオ州で生産されるのですが、日本の雨、特に梅雨などの降雨量に対応できていないのか、取り外し可能な前席のトップから雨漏りすることが多々あるようです。

「ジープ コンパス」内装

今回の試乗で最も驚かされた部分ですね。
アメリカ車はもっと大味で大ぶりなものを採用するのかな?と思っていたのですが、全くそんなことはなく、細かな部分までしっかり考えられていると感じます。


冷暖房とセレクテレインシステム(後述)はスイッチタイプの操作。
それ以外は全てタッチパネルとステアリングスイッチで操作が出来る為視点移動の少なさが特徴。
こういった部分はメルセデスのGLAやNXですら、スイッチ類が非常に多く、視点移動が多いように思うのでココは見習ってもらいたい部分です。

[試乗記]レクサスNX300 Fsportsに試乗。反則レベルの装備と質感



スポーティな車種ではないのでパドルシフトは無し、ステアリングスイッチも一般的な配置ですが、2箇所程一般的な車種なら装備されている「音量操作」「次の曲へ」ボタンは驚くべき場所に配置されています。


少しスポーティな車種ならパドルシフトがあるステアリング裏に音量調節スイッチと音楽の次、前の操作スイッチが配置されていますね。

なぜここに配置したのかは不明ですが、これは慣れるしかなさげですね。



先述したセレクテレインシステムのダイヤル式スイッチですね。

セレクテレインシステムとは?
路面状況で選べる多彩なパフォーマンス。
スロットルコントロール、トランスミッションシフト、トランスファーケース、トラクションコントロールなど12種類の車両マネジメントシステムを連動させることで、 あらゆる路面状況で走行安定性を実現するのが、セレクテレイン™システムです。
AUTO(オート) 
セレクテレイン™システムがすべてのオペレーションを自動制御し、車両の運動特性を路面に最も適した状態になるよう調整します。また不要な場合にリアアクスルを分離して最大限の効率を確保します。
SNOW(雪) 
車両の安定性を最大限高めながら、オーバーステアを最小限に抑えることで、雪道や凍結路で抜群のパフォーマンスを実現。このモードで自動的に選択・制御される主要システムには、ABS付4輪ディスクブレーキやオールスピードトラクションコントロールなどがあります。
SAND(砂) 
反応のよいスロットル特性と適切なシフトアップポイントにより、柔らかい砂地を走れるよう特別なチューニングが施されたモードです。
MUD(泥) 
ぬかるみを走破するため、特別にチューニングされたシャーシコントロール、ディファレンシャル、トランスミッション比を駆使し、ホイールを断続的に回転させることで低速走行でのトラクションを最大化します。 
コンパス パフォーマンスを参照。




かなり重宝するUSBが一つ、シガーソケットが一つ。

「LIMITED」グレードは加飾がピアノブラックで、そのほかはシルバー調となります。












ペダルレイアウトも自然に操作が出来るもので、ゴルフやケイマン試乗時に感じたペダル類が左に寄りすぎている感は無く、一般的なペダルレイアウトで自然に操作ができますね。
ここはマツダがダントツの配置ということも記載しておきたいです。

マツダ関連記事


リア部についても、かなり質感が高く、ここはメルセデス、アウディBMWを凌駕していると表現しても良いでしょう。



なんとリアにはコンセント115VとUSBも用意されておりかなり重宝しそう。


少し面白いのがリアのドア開閉。
というのも、普通はストッパーが2箇所あるのに対して、この車は開き始めの1箇所はしっかりと止まるのですが、2箇所目があやふやでどの位置でも止まってくれるという仕様なのか?立て付けの問題なのか分かりかねますが、どこでも止まるというのは中々無いですね。

「ジープ コンパス」内装まとめ

LIMITED」グレードでは質感が非常に高く、欧州コンパクトSUVを凌駕する部分もたくさんあります。
ただし、NXに関しては同等、もしくは少し弱い部分があるように感じます。

特筆すべきは後部座席にもしっかりソフトパッドを贅沢に使用されていたり、エアコン吹き出し口があったりと、おもてなしもしっかり行ってくれるところには感動ですね。


まとめ

チリ合わせではアウディには勝てません。
ラグジュアリーな演出(アンビエントなど)ではメルセデスには勝てません。
走りの軽快さではBMWには勝てません。
上質な乗り心地ではレクサスには勝てません。

それでも十分に戦えるハードルまでは各々の必要である部分を研究し高めています。
そして、何か後一つ突出する部分を見出せればと思うのでマイナーチェンジに期待した車種であることっは間違いないです。


0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: