[画像]アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sportを見てきた。写真にてご紹介。



[画像]アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sportを見てきた。写真にてご紹介。

今回はツイッターにて仲良くさせて頂いた方とアウディへ試乗しにいきました。

その方はA3 2.0 クワトロを試乗に、僕はQ5へ試乗させてもらいました。

一緒に試乗は随分前にCX-5を試乗して以来なのでワクワクしながらの試乗でした。

今の御時世ではSNSで出会った方とリアルにお会いすることもためらいが少ないように感じますね。

さて、話を戻してミドルサイズSUVへはBMW X3のみでしたが、この日にメルセデスGLCにも試乗したのでそちらも後ほどアップしたいと思います。

Q5ってどんな車?


Q5は2017年10月にフルモデルしたばかりで先代から7年もの歳月を経て晴れて新型となりました。

2世代目となる新型Q5は、新しいアーキテクチャー「MLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)」をベースとしており、あらゆる面を一新したワーゲングループの肝いりです。

そもそもアーキテクチャとは?

自動車産業では『複数車両で共有される構成部品のセット』という考え方をプラットフォームとよび、より技術的な側面からはこれを『車両アーキテクチャ』ともよんでいる。


このアーキテクチャーはアウディではDセグメントセダン「A4」やそのクーペ版「A5」。
Q5からすれば兄貴分の「Q7」にも搭載されます。

実はフォルクスワーゲングループ内でも使用されており、ワーゲンでは「トュアレグ」
ポルシェでは「カイエン」、ベントレーでは「ベンテイガ」にも使用される重要基幹となる。

このアーキテクチャの特徴は異なった素材でアルミやカーボン、スチールを混在させてボディを作る技術や電動パワートレインにも対応出来て、これにプラグインハイブリッドやバッテリーカーもこのプラットホームをベースに開発されています。

ボディサイズは全長4680mm×全幅1900mm×全高1665mmと、先代よりも全長を50mm拡大しながらMLB Evoにより、車両重量を60kgのダイエットにも成功しています。

ちなみにアウディのモデル名の由来は

A Audiの最もベーシックなコアモデル。
S 「A」モデルをベースとして、よりスポーティに進化させたモデル。
RS 「S」モデルをさらにスポーティに進化させたレーシングモデル。
Q SUVモデル。
TT Audiの小型リアルスポーツカー。
R8 Audiの最上級レーシングモデル。

とされており、今回のQ5の「Q」はアウディが誇る4WDテクノロジー「quattro」に由来します。

簡単に説明すると、路面の状況に応じて四輪それぞれに駆動力を最適に分配するシステム=「quattro」で抜群の悪路走破性や走行安定性を誇ります。

今回からは以前に記事にてお借りしたカメラで撮影させてもらっていますが見にくいところもあるかもしれませんが上達していけるよう頑張りたいと思いますので応援お願いします。

カメラ初心者でもなんか良い感じに撮りたい!を叶える機種。Panasonic LUMIX DC-FZ85だ

試乗させていただいたお店はいつもの茨木インターではなく、アウディ箕面さんにて試乗をさせていただきました。

この場ではありますが御礼申し上げます。


さて、例によって画像にてご紹介記事に関してはあまり言葉数は少なく画像を楽しんでいただければと思います。写真は新型車種の為展示車と試乗車の両方を混ぜています。



「アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sport」外装

フロントフェイス




ライトデザイン




フレーム



サイドビュー





リアデザイン



リアライトデザイン





タイヤ







「アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sport」外装まとめ

どっしりとしたサイズはさすがに「女性でも簡単に運転できますよ」とは言えない大きさですね。

外装の質感に関してはQ2やA5、A4でも感じた製造過程における緻密さは以前試乗したBMW「X3」よりも一歩進んでいると表現して良さそうです。

またデザインにおいても精悍なフロントフェイスにアウディのデザイン言語がふんだんに使用された、まさにアウディの本格SUV。
個人的にはリアのライトデザインがかっこよくて夜間で見かければ一発でQ5とわかってもらえそうでかっこよく思います。

前述しましたが、ボディサイズは全長4680mm×全幅1900mm×全高1665mmと全幅がかなり大きく感じますが、現行の国産車もかなり大きくなってきていることを考えると意外と取り回しも限られたシチュエーション以外では問題ないのかもしれません。

最低地上高などを調整できるシステム「アダブティブエアサスペンション(Q5にラグジュアリーパッケージとしてセットオプション)」を装備することでアクティブドライブセレクトと連動して走行状況によって車高を1/10秒の速さで調整し悪路でも車高調整し走りぬけることができますし、ラゲッジコンパートメントボタンを押すことで最高55mmも車高を低くすることができるのでユーティリティも高いと言えますね。

「アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sport」内装




ハンドル



センターコンソール



ペダル



電動シートスイッチ



ドア




リア エアコン



リア シート




ラゲッジ






「アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sport」内装まとめ




やはりアウディ、内装質感についてもすごく高いですね。
まずはインターフェースについてもすっきりとまとめられており、ボタンやスイッチ関係についても少ない感じは視線移動も少なく済みそうで好印象です。

すっきりとした見た目ながら各所に施されたメッキ加工や、インナードアハンドルなどのひんやりとした質感は本当の金属なのかちょっと手元の資料ではわかりかねますが、どうも「いい感じ」なんですよね。これで金属じゃなかったら恥ずかしいですが。

シートポジションなどについても電動であるため不自由することは無さそうです。
しかもランバーサポートもあるので腰痛持ちの方には嬉しいですね。

リアシートについては十分な広さで大人三人でも十分乗れる広さですね。

ただし一つケチをつけるなら、同じクラスのX3にはデジタルで温度などが表示され、シートヒーターなどが装備されるのに対し、このボタンのみだとこのクラスのSUVだとリアの快適性も問われる部分となりそうですので、シートヒーターの装備などは必要なんじゃないか?と思います。

ラゲッジについても非常に広く、後席使用時で550リッター、シートアレンジ時には1550リッターという容量で一般的に考えれば持て余しそうな広さです。

「アウディQ5 TFSI 2.0 クワトロ sport」外装と内装のまとめ


まずは外装と内装でしたが、非常に満足度の高い一台だと言えますね。

2018年初の試乗がこの車でよかったと心から思える好スタートな一台。

かなり上質で走りについても近日中に記事を投稿しますが非常に質感の高い走りと乗り心地を実現していますね。

外装についてはアウディのデザイン言語を、内装についてはラグジュアリーという感じではなくスタイリッシュな印象。

大胆なサイズとルックスの中にスマートさを兼ね揃えており、アクティブな遊びなどにも頻繁に出かけたくなりますね。

今回の記事で登場した試乗済みの車やSUV車。













0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: