[動画]YOUTUBEにてひどすぎるコンテンツのパクリ動画を発見。調べてたらどえらいブーメラン記事もw


[動画]YOUTUBEにてひどすぎるコンテンツのパクリ動画を発見。調べてたらどえらいブーメラン記事もw

さて、早速なのですがこちらの記事をチラリとご覧頂きたい。
この記事は僕が師と仰ぐ方のブログ記事である。

悲報。早速アウディTTのホイールをヒット→サクっと自分で補修してみた

そして、もう一つのこの記事も見ていただきたい。

【トラブル】アウディTT洗車。ドアと内張の間から何かパーツが出てきたぞ?



さて、見終えてもらったらこちらの動画を見ていただきたい。




実質みてもらうのは本編10秒程度のみ鑑賞いただければ分かるかと思いますが、

清清しいほどのパクリなんですよね。

「世界の車」のチャンネル登録数は5000人オーバーと結構な人数がいるのですがこちらを本家のネタだと思われるのが癪に障るので今回の記事にしました。

もちろんこのチャンネルにしかないコンテンツもあるのだろうとしばらく調べていたのですが内容は記事文章を丸パクリして画像も丸パクリ。

動画のタイトルをグーグルの検索窓で調べて見ると元ネタが分かるんですが、ちょっと気になる記事を見つけたんですね。

盗作、パクリは何故起きるのか?

でもちょっと書いたあるブログに行き当たったんですね。

「今回に関しては被害者やわ」

やったらやられるもんやなあと思ってたら、こんな記事が。

記事が無断で丸パクリされる事案が発生←今日のお前が言うなスレはここですか?
(これでもマイルドに引用しています。)

僕個人的にも見ていたフェラーリランボルギーニニュースさんより参照。


確かに難しい問題なんだと思います。

例えば、自動車ニュースや動画などで同じネタを主軸においた場合は「じゃあ早い者勝ちなのか?」と論争になりそうですよね。
大手の自動車情報サイトでも画像は違えど書いている記事の内容は同じってことはよくある話です。
でも独自入手した画像はアウトやと思う。
文章は違った表現や比較なんかで違いや、そのブログらしさを出すのがいいんじゃないかな?とも思うんですよね。

でも、そのブログらしさは決して短期では出せない味なんですよね。
個人の努力と日々精進がモノを言うんじゃないかな?と思います。

正しいとか悪いとかじゃなく、僕は僕の感じたこと、思ったことを記事にしているので、アンサー記事みたいなのを書かれていましたが、論点がズレてるのでなんとも言えないです。
しかしながら、件のブログをしばらく読んでいたんですが、「その他」ジャンルの記事は読んでいて「あ、行って見たい」とか「おいしそうやなあ」とかそんな風に思える記事があったりするんです。

上からモノを言いたいわけではないけれど、ジャンルを少しずらして見るのも一興かと思う。
真っ向勝負じゃカニバリゼーションしか起きてないから、辞めたほうがいい。これはマジなやつやから、見てるんなら早急に対応したほうがいいと思うよ。


これを持ってパクリ関連に関する投稿はおしまいとします。




0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: