[画像]アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ




改めて新たにブログを始めましてそこでジュリア試乗記事を書きましたのでそちらもどうぞ!
[試乗記事]アルファロメオ ジュリア スーパー。200馬力FRのDセグメントとしては完成度高し。

[画像]アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ

Twitterにて交流させていただいている方に許可を頂き画像を提供頂きました。
コピー用紙(ビイマンGT4と味噌、芋ら。) 様 ありがとうございます。

僕はこの写真を見るまでは特段アルファロメオというメーカーについて興味を見出だせていなくて、強いて言うなら4Cは是非とも乗ってみたい!!と考えていたのですが、コピー用紙さんの投稿される写真にてジュリアの魅力に取り憑かれた次第です。







おっと失礼、こちらは別のジュリアさんです。忘れてください。

フロント





まずはフロントフェイスですが、この色気は一体なんなのか?
独特なフロントグリルはアルファロメオだとすぐに彷彿させる盾型でリップスポイラーの真ん中に収束される感じ。
これがエモいってやつなのか!?
エモいってこういうことなの?

ヘッドライトも生物感がありグッド。
もっと知りたい。アルファロメオを知りたい!

サイド







このボディ色はモンテカルロブルーだと思うのですが、アルファロメオ車のイメージ的には赤という固定概念を覆す程に美しい青ですね。
サイドからの写真も陰影とかめちゃくちゃかっこいいし、セクシー。
VELOCEのプレートにてノーマル、スーパーとの差別化を図っていますね。

リア




僕がジュリアに惚れたのはこの写真でした。
リアの美しさという点においてはレクサスのフラッグシップクーペLCも美しいし、アウディA7.A5に代表される4ドアクーペも捨てがたいのですが、このジュリアはその他の追随を許さない色気を感じます。

カフェ「ヴェローチェ」とアルファロメオ ヴェローチェ。




そういえば、このカフェって大阪で見かけたことあるよなぁと思っていたら見事に何度か通ったことがあるカフェでした。



踏み込む手前。




メーター周りをチラリ。
今から強く踏み込み総アルミニウムで製作されたエンジンに更に火を入れるのか?
それとも、ペダルは一定のまま安定した走りで流していくのか?
悩ませる一枚ですね。

夜はアルファをもっと大人にする





ヴェローチェ=速さというイタリア語なのですが、そいつは身を潜めていても溢れる色気。
佇む「速さ」といったところでしょうか。


画像おしまい

僕は物欲があまり無いのですが、このジュリアは僕の多くはない「欲しいもの」にすんなりと、しかしかなり大きな衝撃を持ってリスト入りされました。

試乗したアウディA5で受けた衝撃もさることながら、写真だけでこんなに「欲しい!!」と思うことは中々無くて自分でも驚きです。

これはジュリアという車の魅力もさることながら、コピー用紙さんの撮影の腕が高いことも加味しなければならないです。もちろん次に行く試乗はジュリア。
予定は未定ですが、かならず近いうちにと考えています。

しかしながら、どうしてこうも僕の中にストンと入ってきたのか、しかも写真だけで。
不思議ですね、でも試乗したら案外「そうでもなかった」なんてこともあるかもしれませんし、その逆もまた然り。

アルファロメオのジュリアにしても途中の女性ジュリアさんにしても、これだけは言えそうです。

「色気は正義である」

改めて新たにブログを始めましてそこでジュリア試乗記事を書きましたのでそちらもどうぞ!
[試乗記事]アルファロメオ ジュリア スーパー。200馬力FRのDセグメントとしては完成度高し。




0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: