「試乗記」メルセデスベンツCLA180の後部座席にて試乗。狭いけど乗り心地は悪くない。



「試乗記」メルセデスベンツCLA180の後部座席にて試乗。狭いけど乗り心地は悪くない。

さて、今回は僕がハンドルを握らない所謂横乗りの試乗記事となります。

CLA180への試乗はクーペとシューティングブレークと共にしており、シューティングブレークに関してはややキャビンへの音の侵入が大きく感じたものの運転していて楽しい車だったと記憶しています。

そんなCLA180を改めて横乗り(後部座席)という形でレビューしていきます。






車名CLA180 シューティングブレーク
グレードAMG style
駆動方式FF
トランスミッション7速AT
型式DBA-117342
排気量1.6リッター(ターボ)
最高出力90[122]/5000
最大トルク200[20.4]/1250
車両重量1,755kg
0-100加速9.7秒
競合車種A3
車両本体価格404万円(税込)
試乗日2018年1月21日



CLAの後部座席はやはり狭い

前回の試乗の際にも感じましたが後部座席についてはやっと足が入る程度。
運転席側に座ったのでmackieさんがハンドルを握っていた訳で、身長については聴けませんでしたが170cm以上と思われますが、170cmの人が運転席に座ると後部座席は非常に狭くなりますね。
ヘッドクリアランスも狭いという印象です。

シートにすわりシートベルトをしめますが、驚くことにメルセデスなのにベルトが引っ張られないのですね。これは新しい発見でした。

さすがに後部座席の快適性を求めるモデルではないと思うのですが、乗り心地については後述しますが、驚かされます。


1.6Lモデルであっても軽快でかつ楽しい


今回試乗させていただいた大阪支店/メルセデス・ベンツ大阪西淀川さんの試乗コースは非常に素晴らしく、かなり踏み込めるコース、そしてRの強いカーブを試すことが出来ましたが、後部座席から感じたのは

乗り心地がこのクラスなのに良い


驚かされるのが乗り心地ですね、窮屈なのは先述の通りですがしっかりとした足回りでショックもほどよくコツコツした振動は伝えるものの、不快では無くロードインフォーメーションを伝えるタイプの乗り心地でした。

1.6Lなのに驚くほど軽快

カタログを眺めていたりすると「ちょっと非力なんじゃないの?」と思われるかもしれないのですが、そんなことは一切感じません。むしろ踏めば気持ちよく加速しますし、後部座席からだと「軽やかな走りだなあ」と感じました。

ダイナミックセレクトは結構変わる

走り出してからしばらくは「コンフォート」で走っていましたが、後部座席では普通に乗り心地の良い車という印象ですが、「スポーツ」に切り替えて速度を上げカーブを走っていると剛性感をしっかり感じることができるボディと足回りに頼もしさすら感じさせられました。


まとめ

今回はツイッターで仲良くさせてもらっているmackieさんと一緒に試乗をさせてもらいました。
元はA3の2.0クワトロを試乗する目的だったのですが、「どうせなら対抗馬でもあるCLAも見ましょう!」となり急遽大阪支店/メルセデス・ベンツ大阪西淀川さんにお電話し対応いただきました。

CLA180はやはりめっちゃ良かったです、そしてその後にGLCも試乗させてもらいましたが、それは僕がハンドルを握り試乗させてもいました。
よければそちらもどうぞ!










ライバルSUVモデルなどの試乗はコチラ

























0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: