[画像]メルセデスベンツ GLC200クーペを見てきた。流麗なデザインには惚れ惚れする。



[画像]メルセデスベンツ GLC200クーペを見てきた。流麗なデザインには惚れ惚れする。

BMW X3、アウディQ5と来ましたら、やはり見なければならないのはメルセデスベンツ GLCですね。

これでジャーマンスリーのミドルサイズSUVは一応見たことになりますので後ほど比較記事なんかも書ければと考えています。

さて、メルセデスベンツが手がける主力のSUVですが、今回は試乗車の兼ね合いで「クーペ」となります。

概ねデザイン程度の違いだそうですが、僕個人的には「SUvでクーペってなんやねん」と画像などを見ていて思っていたのですが、実物を見たら「こら、、、、かっこええやないか!」と度肝を抜かれました。

サイズは決して小さくないのにスタイリッシュであり、流麗なフォルムを持つGLCクーペはクーペと名乗りながらも実用性の高い5ドアでキャビンも広いですし、背も高く、SUVらしさはクーペスタイルなのにライバルたちよりも強いですね。

早速見ていきましょう。

「メルセデスベンツ GLC200クーペ」外装


フロントフェイス

いわずもがな、メルセデスCクラスのフロントフェイスですが、バンパーアンダーにはSUVらしくスカートにメッキが施されています。


ライトデザイン

ここはCクラスと共通ですね。


フロントサイド

ココから見ると少し背の高くなったCクラスという印象でワゴンタイプのGLCとの差はあまり感じませんね。


サイドビュー

僕はこの車の一番の見所だと思っているサイドビュー。
クーペなのに背が高い、足回りの逞しさとボディの流麗さがミスマッチのように見えて美しく融合されているように感じます。これは賛否分かれる部分ではありますが・・



リアサイド



リア

リアだけ見ればCクラスクーペと同じですね


リアライトデザイン



トランクゲート



トランク

ラゲッジ容量は491Lで最大(シートを倒すと)1400Lと積載に関してはちょっとコンパクトカーよりも少し乗るだけ、とちょっとこのクラスで考える不利になるかもしれませんが、スタイルが「クーペ」であることを考えれば致し方ない部分です。



マフラー

マフラーは二本出しでメルセデスらしくアンダーカバーもメッキと「ラグジュアリー」な印象はSUVであっても他の追随を許しません。



「メルセデスベンツ GLC200クーペ」外装まとめ

外装に対しての印象は「クーペ+SUVはアリすぎる!」

メルセデスの押し出し感は最低地上高が高くなったので更に強くなり、サイドビューは美しく、リアはちょっと大人しめです。

GLAでの試乗やCクラスの試乗では感じなかった「押し出し」を強く感じた次第です。


「メルセデスベンツ GLC200クーペ」内装




センターコンソール



スイッチ類





ハンドル



ドア



ペダル



ドア(開放)



サイドプレート



リア



リア ドア



リア 送風口




「メルセデスベンツ GLC200クーペ」内装まとめ

概ねCクラスセダンと変わるところはありませんでしたがリアシートについてはクーペスタイルであるのにかなりゆったりとした広さをもっており、デザイン性と機能性が高いという印象です。

X3やQ5と比較すると少し劣っている部分もあり、リアの送風口はアナログなダイヤル式のGLCですが、X3はデジタル表示とシートヒーターなどのスイッチを導入。
Q5にしても然りでリアにはデジタルではないものの、温度調節できるスイッチが導入されていたりとちょっとライバルが最近のフルモデルチェンジで差がついてしまった印象ですね。

次回は試乗インプレッションを書きますのでお楽しみに!






















0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: