遅刻はだめ、でも残業はOK。意味が分からない日本社会。



遅刻はだめ、でも残業はOK。意味が分からない日本社会。

ツイッターでよく周っているツイート。

厚切りジェイソンが部下の遅刻に悩む上司に名回答!「遅刻は業務に支障なければ叱らなくてOK。日本人は始業時間だけ厳しくて終業時間にはルーズでおかしいよ」

というものについて考えてみます。

僕らは幼い頃から「遅刻はだめだ」と半端強制的に植え付けられますよね。

時間は大切だ、遅刻は人の時間を奪う行為だ。とも。

それは当然だと思いますし、時間は有限です。人は死ぬまでの時間に限りがありますので遅刻するというのは数分でも叱られて当然だと思います。

僕はプライベート、特に人と関わるタイプの遅刻はアウトなのに対して仕事に関してはルーズでも良くない?と厚切りジェイソンさんの意見に賛同。

ただし、人と関わるような「営業」とかは別で、作業ベースの仕事に関してです。

ソロプレイで行う仕事なら特に進捗に遅れがなければ休みも取ればいいと考えており、逆に納期がヤバイとかなら残業も然るべきだと思います。

この点はフレックスに代表される働き方ですが、「遅刻」に関してうるさく言う企業は揃いも揃って「残業」にはルーズというのも経験上多くあります。

僕は日本の企業体質からすると「やや異端」で職業を転々としてきた経緯があり、同じ業種での転職では無く様々な業種に従事してきた経歴です。
それは僕は僕にとって「今しかできない、もしくは今やりたいこと」を目指して転職しており、その経験は知識となって僕の中で生き続けていますし、何より畑が違わなければ見れなかった視点も多くあると断言できます。

その経験の中でも「遅刻」は忌み嫌われる行為だと分かっていますが、「残業」に関しては何処も口籠るし、「残業がエライ」という謎の風潮も気持ち悪く感じることも多々ありました。

遅刻を含めたルールについては日本の企業はどうにも形骸化したものに捉われすぎている様に感じます。

日本企業は「ルールを守る社員」が重要で「ルールは守れないが売上貢献できる社員」は必要がないと考えいるんじゃないか?と思うこともあり、形骸化したルールに縛り付けられてパフォーマンスが発揮できない社員も多くみてきました。

始業が9時だとしても人それぞれパフォーマンスが高い時間に出社して、パフォーマンスが切れるタイミングで退社する方がはるかに懸命なはずですが、日本企業では「右向いてるから右」と同調しなければダメだと言われるのが現状です。

日本なのだから日本の企業体質は仕方ない。と思われるかもしれませんが、グローバル化に伴い世界基準で戦うことが当然となった今、お飾りとなったルールを崇める企業に個人は安心して明日は預けられるのか?と疑問だと僕は思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: