マツダ 第三盛大SKYACTIVEは究極のクリーンエンジン化か?電気自動車に迫る環境性能。

マツダ、第3世代SKYACTIVはEVに匹敵するクリーンエンジンに! 熱効率56%実現目指す

マツダ 第三盛大SKYACTIVEは究極のクリーンエンジン化か?電気自動車に迫る環境性能。

現在、どのメーカーもEV(電気自動車)へのシフトチェンジを余儀なくされ開発資本投入を推し進める中、我が国のチャレンジャーは間逆の車作りを進めている。

エンジンを徹底的にクリーンなものにしていこうと開発するのはマツダ。

化石燃料を発電インフラに使用するEVに匹敵するほどのクリーンエンジンを開発中だ。
第三世代エンジンでは熱効率を56%まで高めるというのだから、その道も実は残されていたんじゃないかと思うほどです。

第二世代エンジンSKYACTIVE-Xを2019年に導入予定とされていまうすが、その上を行く環境性能を実現すると2018オートモーティブワールドで発言されていますので期待が高まりますね。

個人的には現在のSKYACTIVE-Dですら完成度の高いエンジンだと考えていたのに、技術は日進月歩ですね。

現在展開されているエンジンも試しえ見ましたが、非常に高いレベルであると感じました。





SKYACTIV-Xでは、火花制御式圧縮着火(SPCCI)と称する、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいとこ取りを実現した燃焼方法を採用しているものの、マツダはその先の第3世代SKYACTIVエンジンでさらに熱効率を高めることを考えています。
マツダは、EV化の流れに伴う電力供給にはまだ無駄が多く、EVが急速に発展すれば石油や石炭といった化石燃料による発電供給量が増加し、地球全体で考えたCO2排出削減効果はそれほど大きくなくなると主張します。


マツダ、第3世代SKYACTIVはEVに匹敵するクリーンエンジンに! 熱効率56%実現目指す
AUTOBLOGさんより参照。
















とりあえず、上記の試乗をしてみましたが、特にフルモデルチェンジをうけたCX-5はすごくて、欧州車にも負けないすごいものを企業規模の大きくないマツダが開発するのですから、感服です。




0 件のコメント :

コメントを投稿

How to Configure Numbered Page Navigation After installing, you might want to change these default settings: